忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[72] [71] [70] [69] [68] [67] [66] [65] [64] [63] [62]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こないだ部屋を整理していて、久しぶりに開けたタンスの引き出しに、何冊かの古い日記と、いくつかの写真の束を見つけた。

日記って、その時の出来事や感じたこと、思ったこととかを、自分だけの為に書いているのであって、誰かに読まれることを前提にして書いてるわけじゃないのに、当の書いた本人が読み返してみても、過去に書いてたそのほとんどのことが、今となってはとても恥ずかしくて読めたもんじゃないものになっている。

そのときは、ありのままをできる限り素直に率直に書いてるのに、時間が経った今読むと、とてもじゃないけど自分が書いたとは思えない(笑)。
ただただ恥ずかしいばかりで思わず目を逸らしてしまう。
書いた数年後、自分が書いた日記を読むのに勇気がいるなんて・・・。

その日は、タンスだけじゃなく、部屋全体を整理していて、それをきっかけに、いろんなオモチャや、雑誌やCDや本なんかを片付けたり、サーフボードのワックスを剥がしたり、いろんなものを思い切って処分(捨てる)したりして過ごし、最近の、なんかスッキリしない気分を切り替えるきっかけにしよう、とも思いながら整理していた。
そして最後に、残ったタンスに取り掛かった。

過去に書いた自分の想い出を読み返して、それを恥ずかしくイタく思うってことは、その想い出は、自分にとって辛くて苦い想い出だったのかもしれないな、と今思う。
でも、それがあって今の自分があるのだし、その一つも無駄になってない、とも思う。

『辛い経験こそが自分を成長させる一番の糧である』

と思いつつも、それでも、こんなことは知りたくなかった、経験したくなかった、という想い出もたくさんあったし、反対に、勉強になった、と言い切れることもたくさんあった。
写真もそんな感じで、当時の想い出を思い出しながら、一枚一枚整理していった。

その中に、その当時、多くの時間を一緒に過ごした人と撮った写真があった。
その人と過ごした時間は、そのほとんどが自分にとって初めての経験ばかりで、その写真の束を見つけたときは、やっぱり恥ずかしくなってしまって、そのまま引き出しに戻そうとしたけど、他の写真を整理したあとに、再び手に取って、改めて、やっと見ることができた。

その人との別れはとても後味が悪く、その時の混乱は仕事にも影響して、しまいには自分自身ではどうすることもできずに、家族をも巻き込んでしまった。
当時は、そのあまりの辛さから、懺悔と後悔と悔恨のカタマリになっていた。
今は、その結末は思い出したくないけれど、決して忘れることは無い大切な想い出としてある。

別れの後、新しい出会いをすると、過去の人との思い出を、 「捨てる」という人もいるし、「捨ててくれ」と言う人もいる。
確かに、その人にとっては関係ない事だし、嫌な思いをするかもしれない。
だけど、そんな想い出は自分だけのものだし、それがなければ、その後、人に好かれることも、新しい出会いもなかったとも思う。
でも、嫌な思いをさせてしまうのなら、捨てたほうがいいのかなあ、と悩んだりもする。

そんな写真を見ながら、当時の喜びや笑いを思い出し、そんな過去を愁いながら、その写真をどうしようかと、長い時間考え悩んでいた。
気付くともう太陽はとっくに沈んで、とても寒かった。
捨てようか、取っておこうか、と悩み、考えた。

捨てられなかった。
その写真の束を見つけた時以上に、紙で包みテープでぐるぐるに巻いて、引き出しの一番奥のほうに押し込んだ。

この想い出は、僕だけの大切なものだったんだ。

onyourown.JPG

















今日の一曲:On Your Own (Acoustic) / The Verve   Single[ History ]

Tell me what you've seen
Was it a dream?
Was I in it?
Life seemed so obscene
Until it's over
Who knows?

All I want is someone who can fill the hole
In the life I know
In between life and death
When there's nothing left
Do you wanna know?

You come in on your own
And you leave on your own
Forget the lovers you've known
And your friends on your road

Tell me if it's true
That I need you
You are changing
I've seen this road before down on this floor
It is hurting me

All I want is someone who can fill the hole
In the life I know
In between life and death
When there's nothing left
Do you wanna know?

You come in on your own
And you leave on your own
Forget the lovers you've known
And your friends on your road

You come in on your own
And you leave on your own
Forget the lovers you've known
And your friends you've told

Lies I've got to get rid of this whole inside
Lies I've got to get rid of this whole inside

Here comeing in on my own
I'm comeing in on my own
I'm comeing in on my own
Lies gotta get rid of this whole inside
Lies gotta get rid of this whole inside
Lies gotta get rid of this whole inside
Lies gotta get rid of this whole inside
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
お問合わせ・ご注文
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
名前:とおる
年齢:42
HP:NAKISURF.COM
性別:男性
誕生日:1974/12/30
自己紹介:
海を見渡した時に抱く気持ち
沈んでいく夕陽を見て想うこと
月を見上げて想い出すこと
初陽の出を見て誓うこと
流れ星を見て願うこと
轟く雷に圧倒される恐怖
波に乗る心地良さ
波に巻かれ呼吸できない苦しさ
その苦しさで思い当たる戒め
朝焼けの太陽を見て湧く希望

どんな偉人の言葉よりも、自然と接した時に心に湧く感情こそ、自分にとって一番純粋で素直で正直な言葉だと信じます。

世界に平和を、
ゴミはゴミ箱へ、
勇気ある行動にはいい波を。

話題を限定せず、波乗り、自然、音楽、本、言葉、詩、映画、魂、その他、幅広い話題で、楽しく交流したいと思っています。

どんなコメントでも書いてください、
必ずお返事します。

よろしくお願いします。
ブログ内検索
最新コメント
[03/08 Asamasama]
[03/07 Fg]
[03/06 あーや]
[03/05 R.N.F改めBD3X2]
[03/04 ゆうすけ]
[03/04 Asamasama]
[03/04 35ラモーン]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 ゆうすけ]
[03/03 Fg]
[03/03 Fg]
[03/03 Asama]
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2007 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ