忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
[571] [570] [569] [568] [567] [566] [565] [564] [563] [562] [561]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


△これは京都から横浜に向う途中の名古屋港。
モウロウとしながらGRで撮りまくってたうちの一枚。
月や港の光はともかく、この七色はどんな車が持っていたのか気になる一枚です。


△23日(開催前日)の設営風景。
夢のエルサルバドル、本部道場イナリーズ、永遠のカリフォルニア。
この時点ではどの作品をどこに配置するかは決まっておらず、仮配置しながら船長のフィーリングで配置が決まっていきました。


△レイアウトはこうなり、ライティングも調整してバッチリ。
作品のレイアウトをその場で決めていくのは去年のグリーンルームでも同じで、初日だった大阪では、iPodの曲を聴きながら配置を決めていた船長でした。
それからもう一年が過ぎた、早過ぎます。


△スペシャルネームボードの2ヘッド・イーグルステッカーを貼る船長。
NAKISURFまにあ〜な方ならお気づきのとおり、このボードは去年8月の満月の日にAppleストア渋谷で行われたNAKIPHOTOイベントの時のものをリサイクル。


△こうなりました。(笑)


△作品の配置も済んで、刻印するスタンプにインクをなじませる船長。


△作品へ想いを込めながら、一枚一枚に刻印していきました。


△初めて見る刻印スタンプは麗翠センセイによるもの。
波、夢、魂、海。
この4つで一つの言葉のようです。


△24日の朝、2時間睡眠明けで会場に向う車中の船長としゅうまいさん。


△会場直前のブース。
ラグを敷いてテーブルを設置し、販売するNAKIPHOTOオリジナルプリントとGRF2008特製Tシャツ、フリーで配布したAVISOカタログやBlue.誌やPRAYを並べました。
AVISOの知名度が予想以上に高く、また興味を持たれている人が多いことに正直驚きました。
この小さなカタログが大いに活躍してくれて嬉しかったです。


△開場直後にNAKIPHOTOブースを訪れたモデルかセレブかナントカネーゼかわからない美女二人組の撮影会。
美女二人の目線の先、この二人を撮影するカメラマンの中にはあの人の姿も・・・。
こ、こ、ここにその証拠写真を載せるのは、自粛します。(涙)


△終日にぎわっていたブース。
手前にチラっと見えてるのが今回の特性Tシャツです。
全4色、デザインは今回の展示作品からエルサルバドルとカリフォルニアを胸中央に配置。
すばらしい精度の転写でものすごく美しいプリントが載っています。
大阪でもぜひぜひ手に取ってみてくださいね。


さんゆうさんのブース。
もう始まりから終わりまで、ずっとたくさんの人がさんゆうさんを取り囲んで大人気でした。
多くの人と触れ合いながら作品にやさしくサインをしていたすばらしき男、さんゆうさん。


△波乗りと野球とブルーズを愛するきんさんとBD2。
この健康的な若さと明るさは海からの賜物でしょうか。


△DONAVON CAPTUREが封印されたBLACK DIAMOND 2。
多くの人が実際に手に取り、BD2のサイズに驚き、コールの曲線美にうっとりしていました。




△そのDCBD2のスペック。


△近江俊哉さんと船長。
キース・リチャーズとジャック・スパロウのようです。


△これは横山泰介さんのブースのドノバン作品の横に書かれていた船長のイラスト。


△今回のメイン作品、【into the sunrise】オリジナルプリント。
ブースの前で特大のこの作品を眺めながら酒を飲む人がいたほどに夢がある作品です。
幅約3mの展示されたサイズでこそこの作品を観ていただきたいです。


△スペシャルイベントも撤収が終わりました。
このボードも大阪へ旅します。


△展示作品や機材を積み込み、最後に南島へ連れて行ったBD2を横向きに載せる船長。


△バッチリ収まりました!
ブースでは、初めてBD2を見た人が
「これサーフボードなんですか!?」
「あの子供用ボードは売り物?」
っていう人がいたほどでした。

開場を後にして、雨の中を船長と二人で松風王国へと帰っていきました。



(おまけ)

△豪雨の深夜2時前、松風王国の街角。
ここでさんゆうさんの帰りを待っていました。
走り慣れた松風の道を間違えまくるほどここに辿り着くまでにもうフラフラだった二人は、気絶寸前の状態で激しい雨音を聞いていました。
船長がモウロウとしながら
「さんゆうがどこにいるか電話してみるね」
と船長が助手席でヒザの上に持った携帯の発信ボタンをプッシュ。
ディスプレイが「さんゆう、ぜひ 発信中」と点滅していた。
その点滅が「通話中」に切り替わり、「もしもーし」というさんゆうさんの声が聞こえているのに船長はヒザの上から携帯を動かさない。
「ハッ!」と船長の顔を見ると、「すこー、すこー、すこー」とすでに気絶しておられた。
船長の手から携帯をひったくり、さんゆうさんと話していると、その横で船長は「取られちゃったよ・・・」とボソりとつぶやいた。



今日の一曲:The Summer Wind / Madeleine Peyroux [Half The Perfect World]
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック

この記事にトラックバックする:
お問合わせ・ご注文
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
名前:とおる
年齢:42
HP:NAKISURF.COM
性別:男性
誕生日:1974/12/30
自己紹介:
海を見渡した時に抱く気持ち
沈んでいく夕陽を見て想うこと
月を見上げて想い出すこと
初陽の出を見て誓うこと
流れ星を見て願うこと
轟く雷に圧倒される恐怖
波に乗る心地良さ
波に巻かれ呼吸できない苦しさ
その苦しさで思い当たる戒め
朝焼けの太陽を見て湧く希望

どんな偉人の言葉よりも、自然と接した時に心に湧く感情こそ、自分にとって一番純粋で素直で正直な言葉だと信じます。

世界に平和を、
ゴミはゴミ箱へ、
勇気ある行動にはいい波を。

話題を限定せず、波乗り、自然、音楽、本、言葉、詩、映画、魂、その他、幅広い話題で、楽しく交流したいと思っています。

どんなコメントでも書いてください、
必ずお返事します。

よろしくお願いします。
ブログ内検索
最新コメント
[03/08 Asamasama]
[03/07 Fg]
[03/06 あーや]
[03/05 R.N.F改めBD3X2]
[03/04 ゆうすけ]
[03/04 Asamasama]
[03/04 35ラモーン]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 ゆうすけ]
[03/03 Fg]
[03/03 Fg]
[03/03 Asama]
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2007 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ