忍者ブログ
nakisurf ナキサーフ
nakisurf.com
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



gone going gone everything gone give a damn
gone be the birds when they don't want to thing
gone people all awkward with their things, gone


+++


ってスミマセン、昨日、書きながら途中で爆睡しちゃいました(笑)。

この【Gone】は、ジャックさんの曲の中でも好きで、メロディがすごくゆっくり流れる曲なのに、聴いているとあっという間に終わってしまう。

アルバム「on and on」の中でも、M4TaylorからM5Goneへのつなぎがたまらなく好きで、普段はiTunesのライブラリをシャッフルで聴いているけど、テイラーにヒットした時はすかさずシャッフルキーを外してゴーンにつないで、またシャッフルキーを入れたりしています(笑)。

で、昨日の晩、「ゴーンゴーン」て何を歌っているのかなあと思ってブックレットを読んでる途中で寝てしまったのでした(笑)。



A Brokedown Melodyのなかでは、ジェリーさんとチリのロングレフトの波を気持ち良さそうに乗っていたジャックさん。


彼の曲の中でも特にユルいゴーンのメロディのなかには、しっかりしたメッセージがありました。

     +++

and cars and phones and diamond rings
those are only removable things
and what about your mind does it shine
or are these things that concern you more than your time

gone going gone everything gone give a damn
gone be the birds when they don't want to thing
gone people all awkward with their things, gone

車に電話にダイヤモンドの指輪
どれも無くて済むものばかり
きみの心はどう、輝いている?
自分の時間以上に大事なものがある?

消えてしまったよ、どうでもいいものはみんな
歌う気のない小鳥たちのように
消えてしまえばいい、持ち腐れている人たちは

     +++

ジャックさんの曲はメロディが気持ちいいので、どうでもいいようなことをテキトウに歌っているのかと思ってた(笑)。
今までジャックさんの曲にはメロディばかりに依存してたけど、言葉も受け止めてみようと思いました。

このクリップではベンちゃんがワイゼンボーンでなめらかなメロディを加えていて気持ちがいい。

アルバムもいいけど、やっぱりライヴがいいなあ。

心斎橋のクラブクアトロで観た時は、ケバケバのワンピースでギトギトに化粧してベロベロに酔っぱらった日本人女性がギャーギャー騒いでてぶち壊しでした。
心斎橋のクアトロは狭いんやけど、ステージとの密接感が抜群で、アーティストとオーディエンスが一つになったときは最高の空間になるのに、あのお姉さん・・・。
「泥酔」はイケマセンネ(笑)。

逆に最高だったのは2004年のフジロックでのステージ。

オフィシャルサイトから
↑これはグリーンステージ(一番大きいステージ)の後方から

フィールド・オブ・ヘヴンのトリだったジャックさんの前に出ていたドノやんと、さらに別のステージで出ていたベンちゃんも数曲参加して、本当に夢見心地のステージでした。

オフィシャルサイトから
↑これはフィールド・オブ・ヘヴンの夜。夜は文字通り天国になります

はやくフジロックに行きたいなあ。

話が広がり過ぎました(笑)。


いい休日を。





今日の一曲:Gone / Jack Johnson and Ben Harper
PR
naki-photo

「コバンハ、ドノやんコト、ドノヴァンデス。
カンプア~イ。
コナイダマデブラジルイテタシ、ニッポンメッチャサブイワァ~。
ホンマカナンワ~。」

と言ったかどうかは分かりませんが、いよいよドノヴァンのジャパンツアーも残り2回の公演を残すのみになりました。

一昨日の大阪BIG CATに行った友達の話では、相変わらずのセクスィ~度数バリバリで、かなりメロメロなショウだったようです。
でも、チラと聞いた話では、「ポッチャリしてた」との噂も聞いて、ああ、やっぱり海から離れてるからやなあ、と思っていました。
ツアーはいつ終わるのかなあ。
早くカウアイの新居に移って、編集長との新しい作品をたくさん見たいですよね。

でも、今はドノやん自身が音楽に表現を込めているので、今を存分に楽しんでほしいなあとも思います。

でもやっぱり、早く編集長とのコラボマジックを見たいのが本音です。

ドノやん、早く海に帰ってきてね。

naki-photo




今日の一曲:Bend In The Road / Donavon Frankenreiter [Donavon Frankenreiter]

二月に過去最大規模のジャパンツアーをするドノやんこと、ドノバン・フランケンレイター

nakisurf-wallpaper03.jpg














ドノやんの名言といえば、「イェイ、サシミー!」ですが、さっきドノやんのHPを覗いてみたら、ベンちゃんとブラジルをツアーするって書いてあった!

これはすごい!

サーフィン業界から見ると、ドノやんの名前はよく知られていて、音楽も受け入れられているけれど、逆に音楽業界からドノやんを見た時は、まだまだ小さい存在で、昨今の“サーファーミュージシャン”の中から、やっと抜け出てきたかなあ・・・ってくらい。

ジャックさん(ジョンソン)は、ベンちゃんのレーベルからデヴューしたり、1stアルバムのプロデュースをベンちゃんのマネジャーであるJPさんがやっていたりしたので、一緒にツアーを回ることは違和感無いんやけど、いくら今のドノやんがジャックさんのレーベルメイトとはいえ、ベンがそのサポートにドノやんを指名したのは、ビックリしたなあ。

nakisruf-wallpaper048.jpg













ベンちゃんは、年中ツアーをしているけど、ほとんどが単独でのライヴで、ダブルヘッドライナーでまわることはあってもサポートアクトを置くことはまずない。

そのベンちゃんがサポートを据える、しかもドノやん!
いよいよ認められたんやろうなあ・・・。
これは嬉しい。

ドノやん、最近ずっとライヴツアーで世界中をまわってるもんなあ、ほんま頑張ってはります。

日本にも、去年フジロックに来て、その半年後にまた来日、しかも真冬なのに札幌も行くらしいし。

ドノやんはいつもステージから、缶ビールを片手に「カンプァ~イ」と言う。
しかも「一番搾り」が多い。
二月のライヴに行かれる方、一番絞りでカンプァイするか、確かめてきてください(笑)。

フジロックからたった半年だけど、ベンちゃんとのツアーを経て、さらにパワーアップしてそうで楽しみ。

nakisurf-wallpaper09.jpg
















今日の一曲:So Far Away / Donavon Frankenreiter

イエィ!サシミー!!
でおなじみの、Naki’s FRIENDS ドノヴァン・フランケンレイター(以下ドノやん)。
8a860c95jpeg.jpg








naki-photo


ドノやんについては、もうみなさん知っているとおもうけど、ぜひココを読んでいただきたい。
ドノやんのことが書かれた記事では、編集長が書いたこのページが間違いなく世界一です!
naki-photoとの掛け合いが、もうめちゃめちゃカッコいいですから。

「ハァ━━━━*´Д`*━━━━ン!!!! 」となること間違いナシ!

ちなみにこれ↑は某所からコピペしたものです。

5bbeb51fjpeg









naki-photo 【DONAVON CAPTURE


さて、既にサーフカルチャーとミュージックの枠を超えて、いろいろな媒体で発表されている来年2月6日(木)から始まるジャパンツアーにみなさんは行きますか?
ドノやんの招聘元のSMASHにあるライヴインフォはコチラ
僕は今年のフジロックと去年のジャパンツアーも観てゲップ出そうなので今回はパスしそうです(笑)。

そうそう!今回のドノやんジャパンツアーは、ティム(ティミー)・カランがサポートで一緒に巡るようです。

これはどんなバンド、新人にも言えるんやけど、デヴュー前後のアーティストはモチベーションが非常に高くて、なおかつ業界ズレしていない初々しい貴重な姿がみられる絶好の機会です!
ドノやんも、今ほど広い分野から注目される前に、ジャック(ジョンソン)の前座などでツアーをまわっていたのだけど、やっぱりすごくステキな虹が放射されたとてもいいステージでしたよ。
何度も観たドノやんのライヴだけど、いまだに僕のベストショウは、そのジャックさんの前座で観たライヴです。

ドノやん&ティムくんぜひ!

21ac99d2jpeg















フジロック@ホワイトステージ saphoto

Fuji Rock Expressの、今年のドンちゃんのライヴフォト
おなじくFuji Rock Expressのライヴレポはコチラです。



今日の一曲:On My Mind(demo) / Donavon Frankenreiter

お問合わせ・ご注文
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
名前:とおる
年齢:42
HP:NAKISURF.COM
性別:男性
誕生日:1974/12/30
自己紹介:
海を見渡した時に抱く気持ち
沈んでいく夕陽を見て想うこと
月を見上げて想い出すこと
初陽の出を見て誓うこと
流れ星を見て願うこと
轟く雷に圧倒される恐怖
波に乗る心地良さ
波に巻かれ呼吸できない苦しさ
その苦しさで思い当たる戒め
朝焼けの太陽を見て湧く希望

どんな偉人の言葉よりも、自然と接した時に心に湧く感情こそ、自分にとって一番純粋で素直で正直な言葉だと信じます。

世界に平和を、
ゴミはゴミ箱へ、
勇気ある行動にはいい波を。

話題を限定せず、波乗り、自然、音楽、本、言葉、詩、映画、魂、その他、幅広い話題で、楽しく交流したいと思っています。

どんなコメントでも書いてください、
必ずお返事します。

よろしくお願いします。
ブログ内検索
最新コメント
[03/08 Asamasama]
[03/07 Fg]
[03/06 あーや]
[03/05 R.N.F改めBD3X2]
[03/04 ゆうすけ]
[03/04 Asamasama]
[03/04 35ラモーン]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 とおる]
[03/04 ゆうすけ]
[03/03 Fg]
[03/03 Fg]
[03/03 Asama]
最新トラックバック
忍者ブログ [PR]

お問合わせ | プライバシーについて | サイトマップ
Copyright(c) 2007 Naki's Surfboards California. All rights reserved.
ホーム About Us Naki'sフレンズ コラム 壁紙ダウンロード リンク お問合わせ Sweet Blog naki's blog Staff Blog Tide Blog Hayato's Blog インプレッション nakisurf ナキサーフ